ほしけんの家づくり

ほしけんの家づくり
HOME > ほしけんの家づくり > 健康住宅(ほしけんが取り組む工法について)

健康住宅(ほしけんが取り組む工法について)

抗酸化工法

星建工務店では、「健康づくりは家づくりから」をテーマとした抗酸化工法を取り入れております。
抗酸化」とは、酸化による腐敗を防ぐという意味。
そして抗酸化工法とは「抗酸化溶液を使って腐敗の進行を食い止める」工法です。
抗酸化工法は特殊な工具や技術を必要とせず、手頃な価格で最高の効果を発揮し、健康住宅を実現できる画期的な工法です。

基礎コンクリート工事: 生コンに抗酸化液を混ぜる
内装クロス工事: パテやクロス糊に抗酸化液を混ぜる
塗装工事: 水性・油性塗料に抗酸化液を混ぜる
左官工事: 漆喰・土壁・タイル目地材に抗酸化液を混ぜる

抗酸化工法でヨカッタ!

◆ホコリが付かず嫌な臭いがしない!

帯電防止とハウスダストの抑制効果から床・壁・天井に汚れが付きにくくなります。
また、煙草・ペットの臭い・生活悪臭を還元・分解します。

◆虫やネズミがいなくなった!

害虫忌避効果があり、床下のシロアリ・ダニ(フンや死骸がアレルゲンとなる)・ゴキブリ・蚊・ハエ・ネズミが寄り付きにくくなります。

低コストで得られる家族みんなの幸せ

○坪2~3万円で得られる安心

建材と使用されている合板・集成材・ビニールクロス・接着剤・・・これらに有害な化学物質が含まれているとわかっていても、すべて天然素材にしたら大変なコストが必要となります。
抗酸化工法なら、建材から発生する有害物質だけでなく、家具や家電など、建築後に入る調度品からも不安物質を取り除きます。

○メンテナンスコストも削減

酸化や結露を抑制することから、建材の傷みが遅く、その結果住宅も健康で長生き。
メンテナンスコストも抑えられるということです。

お客様の声

○嬉しい悲鳴。苦しい喘息の発作が起きない!

幼稚園の息子は、喘息で年に5回も入院するほどでした。
新築しようと住宅展示場や完成見学会に行き、抗酸化工法に出会いました。
また、息子の症状も「シックハウスかも?」とも考え健康の為に抗酸化工法で建てる事にしました。
今では入院どころか、一度も発作が起きません!?
家族皆で本当に驚いています。

○臭いがしない住まいに驚きました!

新築独特の臭いこそ「有害」と知っていたので全く臭いがしない事に鳥肌がたちました。
その後も梅雨でもジメジメしない、息子の寝つきがよい、父の吹き出物が消えたなど不思議な効果が。
友達に「何で見えないところにお金を掛けるの?」と言われましたが、私の選択は正しかった。
抗酸化工法は「家族を守るシェルター」です。

※詳しくはこちらのサイトをご覧ください。
抗酸化工法研究会新潟

このページのトップへ


詳細PDF

壁倍率5倍の強度 KITOTETUパネル

POINT1 耐火性 火に強い!防火、耐火性能も大幅に向上

火に強い断面積のある柱などの木材は表面に炭化層を形成するため簡単には燃えつきません。
しかし、断面積が少ない筋交や合板は簡単に焼け落ちてしまいます。
KITOTETUパネルは、400度を超えるまで耐力を維持し、火抜けはありません。外壁が破壊されても鋼板と炭化層を形成する軸組材で建物の破壊、倒壊を防ぎます。

POINT2 耐震性 耐震性:壁倍率5倍の強度

イメージ従来の筋交いや、補強金具の代りに、厚さ1.2mmの高耐食めっき鋼板を曲げ加工した鉄のパネルを柱、梁の間に取り付けた新工法。木造軸組工法に、さらに粘り強く破壊しにくく、火にも強い鉄のメリットを融合しました。
KITOTETUパネルは柱と梁との間を鋼板で敷設します。それ自体が耐震構造材として建物全体の強度を飛躍的に向上させています。合板は、面の耐力を出すことができても、軸組材の補強にはなりません。面耐力を出しながら、金具で補強していた継手、仕口、さらに柱材自体も補強します。
金属パネル、柱、梁の外側に断熱材をはった、外断熱方式を採用し、冷暖房効率のよい高性能住宅を実現しています。

POINT3 迅速性
CADデータをもとに加工。
どんなプランも自在に対応


パネルは、CADデータをもとに、それぞれの寸法にあわせて自動的に加工。フリープランに自在に対応。また、工場でサイディング、断熱材などの組み付け加工を行うことで、ローコスト化をはかり、工期も大幅に短縮することができるのも、KITOTETUパネルのメリットです。

詳しくはこちらをご覧下さい。

KITOTETUパネル工法 KITOTETUパネル工法
KITOTETUパネル

このページのトップへ